ダイビング器材のオーバーホールのトップページへ

電話でのお問い合わせ:045-353-5297

===============一口コラム==================================================================================

オーバーホールの基本

安全のためにできるダイビング器材への思いやり

貴方は器材についてどんな意識を持っていますか?

「ダイビング終了後に水洗いすれば劣化しない」「不具合や破裂が目に見えたらオーバーホールに出せばよい」などダイビング器材を過信している方も多いのでは?しかし器材は皆さんが思っているよりデリケートで外見はきれいに見えても見えない内部はとても複雑な構造で、隠れたところで緑青や塩などをたくさんため込んでいます。レギュレーターのファーストステージやセカンドステージは、海水に触れる部分が多いのにもかかわらず、中を洗うことができないため、どうしても塩や砂が蓄積してしまいます。ダイビング後どんなに丁寧に洗ったとしてもパーツの経年劣化はどんどん進行し、腐食は避けられません。

またオーバーホール=修理という思い込みから「ダイビング器材のオーバーホールは、壊れてから出すもの」と考えている方もいますが、水中で突然器材不良になってしまえば致命的な事故にもつながります。つまり、不具合が出てからでは遅いということです。そう考えると、自分の命を預けるダイビング器材を、定期的にオーバーホールに出すことはダイバーとして身に着けておく大切な姿勢と言えます。

===========================================================================================================

相互リンク募集

ダイビング器材のオーバーホールでは、相互リンクしていただけるサイト様を募集しています。 相互リンクをご希望のサイト様は、お手数ですが、当サイトへのリンクを作成の上、oh@bluecube.jp まで相互リンクの旨をご連絡ください。 *管理人が不適切と判断した場合は相互リンクできませんので予めご了承下さい。

サイト名 :
URL :
紹介文 :
当サイトへのURL :

相互リンクして頂ける場合は、下記を参考にしてください。
----------------------------------------------------------------------------------------------------
<a href="http://www.bluecube.jp/oh/" target="_blank">ダイビング器材のオーバーホール++ブルーキューブ++</a>
紹介文
レギュレーターなどのダイビング器材は、1年に1度オーバーホールに出しましょう。
ダイビング器材のオーバーホール、メンテナンス、修理はブルーキューブにお任せください。
----------------------------------------------------------------------------------------------------

リンク  

相互リンク トラフィック ならわスライド写真集
マリンスポーツ
マリンスポーツ
 
SEO対策アクセスアップe検索