LOG Book

ウェットスーツの保管方法

オーバーホールのプロフェッショナルである 

ブルーキューブのオーナーが

器材の使用方法等、お伝えしていきます!

ダイバーのみなさん、参考にしてくださいね♪

また、ご質問などありましたらば メール・コメント等で お気軽にお問い合わせください!!

記念すべき 第一弾は 「ウェットスーツの保管方法」 について です。

今年も段々と暖かくなり ダイビングを思い出していただける季節ですね!!

みなさん、ウェットスーツを使用しないシーズン・・・ スーツをどう保管していますか?

ウェットスーツを洗った後に 色あせしない&乾きやすいように 裏返して干すことが多いですが

そのまま保管していませんか!?

オーナーの 見解は・・・

裏返したまま保管 → 着用するときに表返し を繰り返すと

常に同じところに テンションがかかります 

(紙を切る時に同じ線で表裏を繰り返して切りやすくする感じです (わかりにくい・汗))

また、同じ理由で 折りたたんで保管すると、折り目に テンションがかかります

このテンションがかかった部分の生地は弱くなります

さらに 温かさを保つための空気がたまる クッションがなくなってしまいます

ということで

ウェットスーツは  表返しにして ハンガー吊るしにして 保管

難しい場合は 折り目に丸めたタオルなどをはさんで シワができないように折りたたみましょう

せっかく 買ったダイビング器材

長く使って 快適ダイビングを!!

Facebook

ダイビングポイント

アーカイブ

ページ上部へ戻る