PADIレスキューダイバーコース

PADIレスキューダイバーコース

いざというとき、頼れるバディになる

レスキューダイバーCカード

思わぬトラブルに遭遇しても、適確に判断、処理。救助ばかりでなく、自分の 安全も守れるのがレスキューダイバー。そして、ケガに素早く対応できるEFR。 2つの知識と技術を身につければ、大切なバディのサポートや万一の事故も余裕でクリアできます。

万一のトラブルもレスキューでたのもしいダイバーに変身

こうしたトラブルが発生しても、すぐに対処できる知識をそなえるとともに、トラブルを未然に防ぐ能力を身につけ、さらに万一の事故の際の救命方法までを学ぶのが、レスキュー・コースです。

実際の講習では、疲労したダイバーや負傷したダイバーの救助方法、水面アシストの方法、陸上での搬送方法、応急処置、救急の場合の速やかな通報の仕方、水中捜索方法など現実に役立つ知識をトータルに学習します。

たとえば救助法ひとつをとっても、救助を必要としているダイバーの精神面、状況、救助場所、環境の違いなどでその方法は変わってくるのです が、講習では、 ビーチの場合、ボートの場合などのパターンを想定して、適切な方法をシミュレーション形式でひとつひとつマスターして行きます。レスキュー・コースを受講 する ことで、他のダイバーを救助できるテクニックが身につくばかりでなく、同時に 自分自身のスキルアップが図れ、さらにはセイフティ度も格段に向上することに なります。

バディがレスキュー経験を持つ経験豊富なダイバーであれば、より安全性の高いダイビングが安心して楽しめることは間違いありません。

レスキュー・ダイバー・コースは、マスタースクーバダイバーダイブマスター・コースなどPADIプロフェッショナル・ダイバーへのステップアップにも不可欠なコースです。

レスキューダイバーコース内容

  • 講習内容
    学科講習+海洋実習5ダイブ。計2日間以上。
  • 受講資格
    PADIアドバスド・ダイバー以上又は同等の他団体Cカード取得者 且つエマージェンシー・ファースト・レスポンス・プログラム修了者 または同等の修了者
  • 料金
    ¥54,000
    含まれないもの:器材レンタル代、食事代、宿泊代
    含まれているもの:上記以外のすべて
    ※エマージェンシー・ファースト・レスポンス・プログラム(EFR) または同等の資格修了を取得していない方は、EFR講習料もしくは、同等の資格を終了する必要があります。
ページ上部へ戻る